即日50万借りる方法とキャッシング

MENU

即日50万借りる方法とキャッシング

即日50万借りる方法とキャッシング

50万円を借りるなら銀行系がおすすめ

もしも、今日中に50万円を借りる必要があるのなら、消費者金融や銀行系のカードローンなど、ライフスタイルに合わせて、さまざまな方法で借りることができます。もしも、来月には給料やボーナス、あるいは臨時収入が入るので、すぐに返済することができるというのであれば、消費者金融のキャッシングで借りるのが一番お得です。というのも、大手の消費者金融であれば、初めて利用される方に限って、30日以内であれば無利息で融資をしてもらうことができるからです。もしも、返済できる見込みがある場合には、利息を1円も支払うことなく、どこよりもお得にお金を借りることができます。

もちろん、30日以内に返済ができない場合でも、その期間が利息を支払う必要がないというだけですので、35日後に返済できる予定がある、あるいは50日後には返済できそうという方でも、他で借りるよりも、はるかにお得に利用することができます。ちなみに、一般的に消費者金融で30日間50万円を借りると、利息は約18.0%前後になりますので、500,000円×0.18÷365日×30日で、利息は7,397円ほどになります。その利息を支払う必要はありませんので、この無利息機関サービスを利用しない手はないでしょう。また、業者によっては、5万円まで180日間無利息というサービスと、30日間全額無利息サービスのいずれかを選択することができるところもあります。

この場合には、すぐに返済予定があるのであれば、30日以内全額無利息サービスを利用すべきですし、無利息にならなくてもよいので、何回かに分けて返済をしていきたいというのであれば、5万円180日間無利息サービスを利用する方がお得です。このように、消費者金融のキャッシングを利用する場合には、「返済がいつになるのか」ということを考量しながら選ぶことをおすすめします。

いずれの場合も、ネットから簡単に申し込みをすることができますし、50万円までの借り入れの申し込みの場合には、収入証明書の提出は必要ありませんので、スムーズに契約をすることができます。ただし、すでに他社からの借り入れがあったうえで、新たに50万円の借り入れを申し込む場合には、年収の分かる書類として、会社から発行される源泉徴収票や給与明細書、あるいは確定申告書などの収入証明書の提出を求められる場合がありますので、あらかじめ準備をしておきましょう。

 

50万円借りるならカードローンがお得?

通常、50万円を融資してもらう場合には、一括で返済する方は少ないのではないでしょうか。ほとんどの場合、何回かに分けて返済する方法を選ぶことになりますので、その場合には、キャッシングよりも少し金利は高くなることもありますが、カードローンを契約されることをおススメします。金利が高いと言っても、銀行系のカードローンであれば、消費者金融よりも比較的低い金利で50万円を借りることができますし、ほとんどの銀行系カードローンでは、50万円程度の借り入れでは、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などの収入証明書類の提示を求められないところがほとんどです。

最近は、銀行系カードローンでも即日審査、即日融資をしてくれるところも多くありますし、なかにはテレビ電話などから申し込みを行えば、最短40分ほどで融資をしてもらえる銀行系カードローンもあります。さらに、銀行系カードローンを契約して50万円を借り入れた場合の利息は、平均14〜15%程度の低金利です。例えば、50万円を30日間借り入れた場合には、500,000円×0.14〜0.15÷365日×30日で、利息は5,753〜6,164円ほどになりますので、消費者金融会社で融資してもらうよりも、1,000円程度利息が低くなります。

「わずか1,000円?」と思われるかもしれませんが、この小さな利息が積み重なっていきますので、わずか1,000円の差でも馬鹿にはできないのです。このように、同じ50万円を融資してもらう場合でも、すぐに返済する予定があるのであれば、消費者金融で無利息期間のサービスを利用して、すぐに返済をすることがおすすめですし、ゆっくり時間をかけて返済をしていきたいという場合には、銀行系のカードローンを利用するのがおすすめです。どちらで借り入れをするにしても、最近は、すべてインターネットや電話、無人契約機、テレビ電話など、スタッフの人と直接対面せずに申し込みをすることができますし、スピーディに審査をしてくれて、即日融資をしてくれるところも増えています。

まずは、それぞれの金融機関の公式サイトで詳しい内容を確かめたうえで、審査申し込みを行うようにしましょう。また、当日中に融資してもらうためには、必ず契約手続きに必要な書類(身分証明書および収入証明書など)をすべて準備したうえで申し込みを行う方が、融資までがスムーズでしょう。